中小企業診断士向け【※求人サイト人気ランキング】

中小企業診断士で転職するには

中小企業診断士の資格保有者で転職検討中の人は是非当サイトをチェックしてください。「完全無料」で「有利に転職を進める」方法をお伝えしていきます。

下記のランキングをまず見て下さい。下記のサイトは転職時に無料でサポートをしてくれる大手サイトの一覧です。リクルートやマイナビなど有名どころが並びます。是非ご参考下さい。

中小企業診断士で転職したいなら下記は必見!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国ok
【当サイトがお勧めするポイント】
■中小企業診断士の求人情報であれば転職成功実績No.1のリクルートエージェントがおススメ。
■これまで約30万人が転職に成功しているリクルートエージェントであなたも転職しませんか?
■コンサルティング会社の求人案件も最も豊富で難関な中小企業診断士の資格を活かせます。
■中小企業診断士の求人であれば営業職から企画職まであらゆる職種での募集を探せます。
■専任のキャリアアドバイザーが中小企業診断士として最も活躍できる求人をご紹介します。
大手企業の中小企業診断士の求人もリクルートエージェントの非公開の求人情報をご案内!
■キャリアアドバイザーがあなたの強みを引き出し希望する中小企業診断士の求人をご紹介。
■中小企業診断士求人の紹介だけでなく応募書類の添削から面接セミナーの受講も全て無料!


マイナビエージェント 無料 全国ok
【当サイトがお勧めするポイント】
年間200万人が登録している安心のエージェントだから中小企業診断士求人もお任せ!
■中小企業診断士の求人専門のキャリアコンサルタントが社風から採用基準までお知らせ
■企業の人事担当者とのつながりが強いので中小企業診断士の求人情報も最適な案件をご案内。
■上場企業から中堅の企業まで中小企業診断士の求人であれば全て安心してお任せ下さい。
■中小企業診断士の求人情報は日系企業から外資系企業までどんな条件でもご相談下さい。
■キャリアコンサルタントが中小企業診断士の方の要望を聞き最後まで転職を支援します。
■一般公開されている中小企業診断士の求人情報だけでなく非公開の案件もご紹介します。
■キャリアアップや年収アップを目指す中小企業診断士の求人であれば追従を許しません。


DODAエージェントサービス 無料 全国ok
【当サイトがお勧めするポイント】
■日本最大級と評判の転職支援サービスで中小企業診断士の求人情報も驚くほど沢山です。
■多くの人材紹介会社からも中小企業診断士のあなたへ意外な好条件でスカウトがあります。
■中小企業診断士の求人に精通した専任のキャリアコンサルタントが転職を徹底的にサポート!
■自分のレジュメをウェブにアップさせるとあなたに興味をもった企業から連絡があります。
■中小企業診断士としてのあなたの市場価値もDODAのスカウト機能で一目瞭然で分かります。
■1番気になる中小企業診断士の給与もDODAの年収査定サービスでカンタンに試算可能!
■民間企業の中小企業診断士の求人情報だけでなく公的機関の求人情報も非公開の案件が豊富。
■中小企業診断士の求人情報の紹介はもちろん履歴書や職務経歴書の添削や面接まで指導


type転職エージェント 無料 全国ok
【当サイトがお勧めするポイント】
■typeは年間に100万人が活用する転職サイトなので中小企業診断士の求人情報も多数!
■希望する職種・給与・勤務地などの条件から中小企業診断士の求人案件を手軽に検索可能!
■typeのスキルマッチングで最適な中小企業診断士の求人情報が検索ができる安心システム。
■希望条件マッチングとパーソナリティマッチングも中小企業診断士の転職を支援します。
■中小企業診断士の求人専門のキャリアアドバイザーにカウンセリングで要望をお伝え下さい。
■キャリアアドバイザーが中小企業診断士として最も活躍できる案件のみをご紹介します。
■中小企業診断士の求人は71%の転職者が年収のアップに成功しているtypeにお任せ!
20代から60代まで全ての世代が応募できる中小企業診断士の求人情報が揃っています。


中小企業診断士は独立と企業勤めどちらが多い?

中小企業診断士は独立と企業勤めどちらが多いのかというと、中小企業診断士として登録している約30%が独立していて、残りの約70%の登録者は独立開業しないで企業勤めをしています。つまり、企業勤めをしている中小企業診断士の方が断然多くて、中小企業診断士と同様の士業である弁護士・税理士・不動産鑑定士などと比べ、独立開業する割合が低い現状にあります。こちらのサイト(中小企業診断士の転職のポイント・転職例(20代・30代)にも同様の記載があります。なぜ企業勤めをしている中小企業診断士の方が多いのかというと、試験自体が経営やマーケティング全般に及ぶ内容になっていて、会社員としてのキャリアアップに直接繋がることがひとつの要因としてあります。また業務の性質上独立して安定した収入を得るためには相応の実践的スキルが必要になりますし、コネクションを含んだ営業力が重要になるので、資格を取得してすぐ結果に結びつかないことも要因として考えられます。

では、なぜ企業勤めの中小企業診断士が多いのかというと、いくつかのメリットがあるからと考えられます。そのひとつとして、会社内におけるポジションを上げる要素のひとつになるというのがあります。もうひとつのメリットとしては、資格を取得することで収入が増える可能性があるという点で、お祝い金や資格手当を支給する企業もあるのです。それから、診断士仲間と交流することや会計士や税理士などの資格保有者と交流することで、人脈やネットワーク形成に役立つと言ったメリットもあります。

このようなメリットがあって現在の職場に満足しているという方も多いでしょうが、その一方で収入や待遇の面で不満を感じて転職を考える方も少なくないです。では、中小企業診断士の資格は転職において有利になるのかといった疑問が生じますが、この資格は何かと転職で有利になることが多いです。この資格は経営コンサルティングで唯一の国家資格になるため、資格と知識があることをアピールすることによりコンサルティング業界の転職で有利になります。ただし、資格を持っているだけで有利になるわけではなくて、実力・実績があった上での要素となることを理解しておくことも大切です。

また中小企業診断士試験では、経済学や経営理論、運営管理、また法務や情報システムなどビジネスに役立つ様々な知識が求められます。その為、資格を取得しているということが知識を習得している人材として考えられるために、コンサルティング業界以外の幅広い業界・職種での転職に有利になるのです。このように、中小企業診断士の資格は転職において有利になることを理解しておくと役立つこともあります。

中小企業診断士の採用基準

中小企業診断士の採用基準ですが独立して自分でオフィスを構えない限り、中小企業診断士と言う職種はどんな企業にも存在しません。そのため中小企業診断士の資格は確かに書類選考では有利になりますが、それが採用の決め手になることは先ずありません。特にキャリア採用の場合には社内にはいない人材を求める傾向があるので、資格よりはこれまでどんな経験やスキルを積んできたかが評価されます。

多くの企業の人事担当者はキャリア採用の場合には資格よりも、どれだけ専門性が高い技術や経験を持っているかをより重視すると言います。中には資格や最終学歴などが、就職や転職の採用基準になると思っている方もいるかもしれませんが、最終学歴が通用するのも新卒採用の時だけです。キャリア採用では東大卒や京大卒よりも、高卒では専門性が高い技術や経験を持っている人材を採用します。

資格も同じで看護師や医師のようにその資格を取得していないとできない職種以外は、どんな資格であってもその人が何をできるかが全てです。世の中には資格マニアと呼ばれる人がいますが、どんなに持っている資格が多くても、人事担当者がその人を即決で採用するでしょうか?やはり資格や最終学歴などではなく、その人が前職でどれだけの経験やスキルを培ってきたかが大事です。ただ中小企業診断士の資格は第1次試験と第2次試験共に合格率が20%程度しかなく、さらにストレートの合格率は4%前後と超難関な資格です。

それだけに多くの企業の人事担当者はそのことを知っていて、中小企業診断士の資格を持っているだけで、その努力や根気強さは評価してくれます。また企業の採用基準も、応募者の年代によっても随分と違ってきます。例えば20代であれば一般的に経験やスキルがなくても、心身ともに健康でやる気があればそれだけで採用されます。それでもし中小企業診断士の資格を持っていれば、その評価は一気に上がるのは間違いありません。

30代でもそれは同じですがこれが40代や、50代になれば少し事情は異なってきます。40代や50代の年代の方に人事担当者が求めているのは、資格ではなく専門性が高い技術や経験やマネジメント力です。もし中小企業診断士の方で就職先を探されているのであればリクルートエージェントなど、このサイトのランキング上位の転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が応募先の採用基準についても詳しく教えてくれます。


Copyright (C) 2014-2018 中小企業診断士向け【※求人サイト人気ランキング】 All Rights Reserved.